つぶやき69

・ホラー映画『チャイルド・プレイ』が新作公開→続編制作されてるらしい。
 主人公のチャッキーは、ちょっとリアル系不気味なお人形さん。(日本でいう市松人形的な)
 でも序盤で「可愛い人形があるわ」と拾われたり受け入れられるパターンが多い。
 か…かわいいか…?まぁ海外と日本だと可愛いの感覚違うって言うし…。

・↑と、思っていたが、そもそもこんな映画が出来る自体、
 「よく見ると不気味じゃん」と大勢が思ってる証明だなと
 
・洋画ホラーの、無関係の人間巻き込みまくりの、何の恨みが有ってそこまですんのよな
 えげつない殺戮ショーを見ていると、(あちらさんの想定する)悪魔ってこういう、
 「理不尽の体現みたいな存在」なんだろうなと思えてくる。

 ・日本の感覚だと、まだ若干話し合いの余地がありそうと言うか、
 幽霊や悪魔ですらまだ人の延長上にあるように見える。

・貞子ですら増殖の動機が「(人知れず殺された)私を覚えていてほしい」
 だと思うとだいぶ人間味ある。

・ホラー映画『仄暗い水の底から』(『リング』と同じ鈴木光司原作)は、
 幽霊よりも、主人公親子の住まうマンションの管理人や職場関係者の
 冷たさ無愛想さの方がよっぽど見てて怖いし辛い。
 主人公が訴えたら勝てそう。

・まだ見てないけど『クロユリ団地』はその辺どうなんだろう。
 「キャーお化け出た!」→「大丈夫か!」
 「キャーお化け出た!」→「大丈夫か?(頭)」
 この差は大きい。

・「強権支配する政治家」には、独自の制服や民族衣装を着ているイメージがあって、
 それがそのまま「他文化受け入れねーよ」な姿勢の現れでもあるような気がしてたので、
 背広を着こなすアサド大統領が別の意味でも怖い。
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

安堂友子

Author:安堂友子
4コマ漫画などを描いております。
コミックスも発売中ですのでどうぞよろしく。
☆ツイッターもやっています。
https://twitter.com/tomokoandou

日本文学(墓)全集 時どきスイーツ日本文学(墓)全集 時どきスイーツ
(2015/03/13)
安堂 友子

商品詳細を見る


仔ブルのワルツ仔ブルのワルツ
(2013/02/17)
安堂友子

商品詳細を見る


にゃんソロにゃんソロ
(2012/11/17)
オザキミカ、花福こざる 他

商品詳細を見る


プレミアム天子様 (まんがタイムコミックス)プレミアム天子様 (まんがタイムコミックス)
(2010/05/07)
安堂 友子

商品詳細を見る


連載中の作品

2日発売
まんがホーム
『マチ姉さんの妄想アワー』

7日発売
まんがタイム
『天子様が来る』

27日発売
まんがタイムオリジナル
『ぎんぶら』

エッセーコミック
『参るよ!墓近スイーツ』
→『日本文学(墓)全集』に改題。