宣伝・続き
昨日に引き続き『超・本当にあった(生)ここだけの話』より、

気軽にワインエッセー 『おきらくワイン生活』 後藤ユタカ先生

呑めたら良いなぁ美味しいんだろうなぁ。
私、お酒入りのチョコですら顔赤くなるくらいアルコールに弱いんで。
でもお酒の歴史や蘊蓄を聞くのは実に楽しいのです。
ウィスキーの醸造の歴史とかね、もう浪漫。

ってこちらはワインですが。
ご家庭で楽しみたい人、気軽に手を出してみよう!という入門書にできそう。

手元に雑誌がなかったので載せられなくて残念ですが、
グラスの形の違いでそれぞれ異なる効果があったりして。
(口の広いグラスは香りの強いワイン用とか)

こちらは原料のブドウの品種を擬人化して解説した回。
wine1.jpg

wine2.jpg

他にも清楚なお嬢様・アイドル美少年・頼れる上司・
カリスマ経営者などなど…に分類されるブドウがおります。

今月号はワインに合う世界のお料理も載っていて旨そうよ。


おばけめっちゃ怖い。 『本当にあった(僕には)怖い生活』 外薗昌也先生。

外薗先生は心霊否定派を公言されております。
でも本によると以前お化け屋敷に住んでいたそうです。
そんで本によると周囲の人がやたら祟りや障りに遭うそうです。
私おばけめっちゃ怖い派なんで、どうか影響受けませんように。

※↓画像怖い系なんで苦手な人用にサムネイルです。(クリックで拡大)※

eiga1.jpg

butai1.jpg

怖い話の舞台は見に行かせていただきました。
当日いらしていた先生に、原作の文庫にサインしていただいたのですが、
この文庫『赤異本』と続編の『黒異本』の表紙がまたものっそい怖いんで
裏返して白い方を表にして着けてます。

なんとか読破しましたが正直怖いからもう売っ…手放しても
良いかなって思ってるのですが、サイン入ってるし!
手放すのと手元にあるのとどちらが不吉なんだろうかコレ。
サインが厄除けの効果を発揮してくれればよいのですが。
夏にはシリーズ第三弾の『白異本』も出るそうです。

【2014/03/31 23:00】 | 宣伝


| ホーム | 次ページ