妙齢の女性として
ほぼ毎晩姿を見せるヤモリちゃんがおるのです。
多分代替わりはしているのでしょうが、毎年同じ場所に姿を見せ、
なんとも愛らしいのです。

先日そいつの体長の3分の1はあろうかという
でっかい蛾を食する姿を目撃しまして、
「そんなデカイの食べて大丈夫!?」と心配していたのですが、
1日置いて無事な姿を見せてくれ、ひと安心した次第です。

ヤモリとかカエルとかクモとか、そういう、こちらの生活を脅かさない範囲で
着かず離れず共存してくれる小動物(時には大動物)が、たいそう好きなのです。

ヤモリに関しては、愛が高じて雄雌の違いも分かるようになりました。
「見分け方をネットで調べた」と妹に言ったところ、

妹「ネットの使い方、間違ってないけど間違ってる」

と言われました。

姉ちゃんもそう思うよ。

【2010/09/12 23:59】 | 雑記


| ホーム |