現代版『みにくいアヒルの子』?
アニメ映画『ハッピーフィート』を観ました。
今『2』が公開中の、『1』の方。

愛くるしいペンギンがダンシン!ダンシン!なCMだったんで、
さぞノリノリイケイケヒャッハー♪な、明るい主人公が出てくる話だと思ってました。

まさか真逆とは。

予想外に重苦しい話だった。うそだろ…。

けっこう終盤まで「どこがハッピーなんだよ」な鬱展開で、
ある意味攻めたな~とすら思えた。子ども向けなのに…。

『スパイダーマン』の主人公と張れる程度に悲惨な境遇の主人公(ペンギン)。
唯一の救いはヒロイン(雌ペンギン)の性格がスパイダーマンのそれより良い点。

ヒロインは幼なじみの美人でイケてない主人公にもやさしい人格者。
サエない主人公の隣家の娘はいつも美人。

彼女がペンギン大学の卒業パーリィーでマッチョな他雄にモテまくっているのを
陰から寂しく眺める主人公という鬱アメリカングラフティシーン有り。
けっこうストレートに人種や社会を皮肉っているような描写多々有り。

何も考えずに見れるのが良いな~と思ってこれをチョイスした私の身にもなってくれ。

どうやら2の主人公は1の主人公の息子みたいですが、
さすがにもうちょっと明るい話になると信じてます。だよね?福くん。

ハッピー フィート [DVD]ハッピー フィート [DVD]
(2010/04/21)
イライジャ・ウッド、ロビン・ウィリアムズ 他

商品詳細を見る

【2011/12/18 00:00】 | 感想


| ホーム |