途中までかなり強引に受け入れていた。
気まぐれに優雅な気持ちになりたくなり、
自宅に有ったクラシックのCDを聴き始めた。

『ラッパ吹きの休日』という曲が激しい旋律で流れ始め、
「ん?」とは思ったものの、
「休みの日も元気なラッパ吹きなんだな」と納得した。

『タイプライター』という曲が有名な『月光』と激似だったが、
「激似だな」と思って済ませた。

その後も妙にタイトルと合わない曲が続いたが、
「作曲者の訴えたい内容なんだろうな」と思って聴き続けた。

6曲目まで聴いたところ、タイトル『口笛吹きと犬』で、
『運命』が流れだし、
さすがに「んん?」と思って、コンポからCDを取り出してみたら、
まったく違う曲名の羅列。

「オーケストラ名曲集」のCDケースに
「ベストクラシック名盤」のCDが入っていた。

間違えて仕舞ったの誰だ!


【2012/06/10 21:00】 | 雑記


| ホーム |