冒険・犬・断舎利
ディ●ニーピクサー映画『カールじいさんの空飛ぶ家』を見ました。

「妻に先立たれた老人が風船おじさん化する」以上の情報がなく、
なんかこう、しんみり系ロードムービーを想像してました。

そしたら、まさかの、
まさかのアクションアドベンチュア!!

いやいやいやこれ、タイトルを『カールじいさんの空飛ぶ大冒険』とかにしなきゃダメでしょ!!!
序盤の家が浮かび上がるシーンしか宣伝されてた記憶ないよ!?
もっとプッシュすべきシーンたくさんあるじゃん!
サバイバルじゃないですかアドベンチャーじゃないですか!やだもー言ってよー!!
泣かせ系と勘違いしてる人多いと思う。

未視聴の人がたぶん完全に「どゆこと!?」ってなる情報としては
まさかの喋る犬軍団(リーダー:ドーベルマン)登場!とかね。(反転)
これは個人的萌えポインツでもありました。ブルドッグもいました。ありがとう。

あと高所にも関わらず意外と緑が豊かだったり、
未知の生き物出てきたり、
決意して家具ほかしたりと、
ロストワールドと犬と断舎利が好きな人にはかなりオススメの映画です。
読後感(視聴後感?)も良いし。




ただ…ひとつ言うなら…その…ジブリっぽさが所々…

ピクサーさん、『モンスターズ・インク』でも「…どこでもドアじゃん…」をやらかしてると思うんですけど…。

テーマやシチュエーションがかぶるのは仕方ないとして、
連想させるのを避ける方向で描くという努力はしないのだろうか…。

カールじいさんの空飛ぶ家 [DVD]カールじいさんの空飛ぶ家 [DVD]
(2010/04/21)
不明

商品詳細を見る


アメリカの家って確かに頑張れば風船(気球)ぐらいでも飛びそうな感じする。

【2013/04/19 00:00】 | 感想


| ホーム |