華麗なるヒューマノイドの世界
NASAが、火星で活動する人型ロボットを開発段階なのだそうな。
その画像がこれ。

nasa.jpg

中の人などいそう。

ところどころ布なのがロボ感薄めてる…?

使っちゃいけないって決まりはないはずなのに(布)、
上に「着る」とは違った意味で見た目の相性が悪いというのは
発見でした(自分の中で)。

マンガの影響で「火星=砂の惑星」認識なんですが、
合ってるんでしょうか?まぁ…砂だとねぇ、関節とか細かいとこに入っちゃうと
難儀するもんねぇ…うん、アームカバーやむなし…なのか…?
なんだこの「一方ロシアは鉛筆を使った」感。

ちなみに「女性モデル」らしい。
…あー、うん、言われてみれば・・・エイリアンと闘いそうな感じは出てる・・・!!
多分強いわこの人(ロボ)。なにげにアスリートポージングだし。
拳でエイリアンぶち殺す系。でも花は愛する系。


一方、日本の黒酢の会社が発注した
お酢の効能を解説するロボットがこれ。

osu.jpg

ヒューッ!
用途が用途だから一概には比較できませんが、
とりあえずデザイン面はNASAがんばれ!!

しかし火星とはいえ宇宙で活動するなら人型って多分向いてないから、
ヒューマノイドは広報用で、実際はもっと環境に適した、人体からかけ離れた
えげつない形状のロボットこっそり作ってそうだなぁとも思いました。

そんなこんなでカッコイイロボットはええなぁと思っているのですが、
いざ自分が描いてみようとすると、むずい。
オズの魔法使いのブリキの木こりか、ロボット三等兵になる。なぜだ。

oz.jpg robo1.jpg

【2014/01/24 00:00】 | 画像


| ホーム |