ニャーの日。(2/22)
「猫に家を卸(おろ)し、猫とともに生きよう。猫とともに冬を越え、猫とともに春を歌おう」

人類はもうこれでいいんじゃないか。


元はラピュタでシータが言ってたゴンドアの谷の詩(うた)。
「土に根を下ろし、風とともに生きよう。種とともに冬を越え、鳥とともに春をうたおう」
素敵よね。

補足(24日追記):
一行目は、文章変わっちゃうけど、「猫を家にあげ」の方がリズムが良いね。推敲。

「猫を家にあげ、猫とともに生きよう、猫とともに冬を越え、猫とともに春を歌おう」

うん、これだ!
まぁ犬でも鳥でも良いんですけど(ペット尻軽)。

【2014/02/22 00:00】 | 雑記


| ホーム |