疑問
ちょっと今回は私信です。

個人的にすごく悩まされていることがあります。
些細なことなのですが、編集さんとのやりとりに関してです。

電話がかかってきた時は基本的に、

編「お世話になっております。○○です。」
私「こちらこそ、お世話になっております。」

で始まり、
用件が終わると、

編「では失礼します。」
私「はい、失礼します。」

だいたいこんな定型文で締められます。

そう、挨拶に関して私はほぼオウム返し。ですがまぁ、礼は失してない…と思います。


ところが近年その範疇にない御言葉が浮上してきました。
ネームや原稿を送った際の返信で、編集さんはこう仰るんです。

編「ネーム届きました。お疲れ様です。」

私(…「お疲れ様です」…?)




これって、開口一番だと、どう返すのが正解なんでしょう。

自分が考える返しのパターンが、どれもしっくりこない。

①「どうも、お疲れ様です。」

伝家の宝刀オウム返し。(アナタこそお疲れ様です)という気持ちを込めているのだが、
まるで「はい、私疲れましたよ」みたいに聞こえるんじゃないかと…。


②「そちらこそ、お疲れ様です。」

相手を明確にした表現。言いたいことは伝わりそうだけど、文章として馴染みがない。


③「そんなことないですよ。」

謙遜バージョン。(疲れてなんかないですよ~)というアピールのつもり。
しかし明らかに定番の返しではない。


④「ありがとうございます。」

自分の疲労度を推測してくれていることへの謝辞のつもり。
でもやや仰々しいというか、毎回使うにしては重いような。

(※実際に使ったことがあるが、相手に「え?何故礼を??」みたいな間が生まれた。)


⑤「ああ、ええ、まぁ、その、どうも」

誤魔化しバージョン。
上、①~④を踏まえた上での、いろんな感情の放棄。


編集さまへ

毎回こんなことを考えながら電話しています。
2秒ほど熟考して、⑤に軟着陸して挙動不審になってることが多いんですが、
どうしたらいいでしょうか。

【2010/12/19 03:32】 | 雑記


| ホーム |